ボトックスはプチ整形の代表格

注入量や注入場所が正しくなければ、ボトックス本来の効果を期待することができなくなり、中には全く効果が現れないこともあります。
技術・人柄ともに信頼することの出来るドクターとの出会いはボトックスでのしわ治療の際には必要不可欠なことになるでしょう。
ボトックスで何よりも大切なことは、技術的にも人柄的にも信頼出来る担当医に施術をしてもらうということです。
ボトックスは「プチ整形」と言われ、手軽な印象ばかりが先行している状況ですが、「手術」の一つとなります。
美容を実現させるために最も重要なことの一つとしまして、加齢による衰えは避けることの出来ないものということです。
しかし最近ではアンチエイジングも発達してきており、ある程度対策をすることが出来るのです。 ボトックス注射がもたらす効果は個人差が多少ありますが、一般的には施術後数時間から2週間程度経過することで実感することが出来るでしょう。
概ね2〜6ヶ月程度が一般的となっており、ボトックス注射の効果の持続期間にも個人差があります。

 



ボトックスはプチ整形の代表格ブログ:200626

皆さんが気になる体脂肪。
減量をしている人にとって、
とても気になるのは、皮下脂肪ではないでしょうか?

二の腕やもも、お腹のプルプルした皮下脂肪、
どうにかならないものかと…

外見上は痩せているように見えても、
体脂肪率が高い人は、皮下脂肪がたっぷりで健康上もよくありません。
肥満解消のためにも減量が必要です。

もともと痩せている人は、
5KG〜5KG痩せれば外見上もかなり変わりますから、
短期間の食事制限で減量しようとするのは大間違い!
さらなる悲劇を招くことになるのです。

食事制限のみで痩せると、筋肉が落ち、
脂肪だけがそのまま残ってしまいます。
誤った減量法によって、
若い女性に増えているのが、このタイプの肥満なんですよね。

女性は特に
「体操するとすぐに筋肉がついてしまう」と、
体操による減量を避けてしまいがちですが、
それは誤りなんです。

よっぽど特別なトレーニングをしない限り、
筋肉ムキムキなからだになることはありません。
筋肉がついてしまうことよりも、
筋肉がつくことで、基礎代謝量が増え、
消費するエネルギーが増えることの方が重要なのです。

基礎代謝とは、
人間が生命を維持するために、最低限必要なエネルギーの消費のこと。
同じ量を食べていても、
筋肉がついているからだの人の方がエネルギーの消費量は当然多くなります。

ですから、
食事制限で痩せて、脂肪だけが残り、
消費するエネルギー量も減るという悪循環に陥る前に、
カロリーを摂取して、エネルギーを減らす体操をしながら、
筋肉をつけていくことを考えましょう。

―地球滅亡まであと427日―