骨盤ベルトで背筋が綺麗に伸びる

骨盤が正しい位置に戻ると、関節や筋肉、そして骨への負担が減り、腰への影響が緩和されます。
背筋が綺麗に骨盤ベルトを装着することによって、伸びますので、曲がってしまっている腰の矯正も実現出来るでしょう。
骨盤ベルトを使ったダイエットをすることで、体重減少だけではなくズレが生じた骨盤を外側から引き締めます。
歪んでしまった骨盤をしっかりと正しい位置へ固定をすることで、正しく矯正させます。
もしこれからエステで痩身を実現させようと考えているのでしたら、まずは基礎知識を覚えておきましょう。
どのように痩身効果があるのか、どのように施術がされるかなどを理解しておく必要があります。 女性のケースでは、妊娠中や産後などといった時期に腰痛の悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。
妊娠や出産に伴って骨盤が開いてしまうのを改善する必要が歪みやすくなっていることが原因ですのであるのです。

 



骨盤ベルトで背筋が綺麗に伸びるブログ:200509

減量をしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
減量失敗を繰り返していたミー。

ミーの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、おやつを食べてストレス解消。
子どもたちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は弟とともに、深夜にチューハイ+おつまみで乾杯。
子どもたちが残したライスは、
もったいないのでウエストがいっぱいでも食べてしまう。
子どもたちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

減量を始めても
この習慣はなかなか止められず
特におやつの誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
おやつを食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

おやつって、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けておやつを食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いおやつも、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
減量中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しく減量をしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられる減量をしていきましょう!